ドラフト会議の指名人数も見てここから来季に関してになるが

先週の木曜日に行われた今年のプロ野球ドラフト会議で育成選手も含めて8から9人ぐらいまで指名したと思われているがここで登録される人数を調整するために自由契約選手などしなければならないがこの自由契約される選手などにはタイトルまで獲得した選手もいるという事でこうした事が通告されますがここ数年はファームで過ごした選手もいる事でこの時期には再び緊張感が走っているという事になる。

この様な事で自由契約を通告された選手もいる中でオリックスの佐藤投手や楽天の聖沢選手も通告されたが今年も一軍で試合には出場をしていたと言うがチームの若返りをするのかここで自由契約となったオリックスの佐藤投手はここ数年のけがの影響もあってか登板もなく引退する見込みとなる事が明らかになったと思われている。

そして、若手のもこの様な通告をしているが特に育成選手だけでなく今年入団した選手や2年目の選手までも自由契約を通告されるので若手もうかうかとできなくなっている事で危機を感じているかも知れない。

大量解雇をしているチームもあるのでこうした所にも影響も出ている。

今季は巨人に在籍をしていた上原投手も自由契約となってけがの様子を見ながら次の球団を探す事になるがひざの手術を受けたばかりという事でリハビリを続けながら球団を探す事になるが年齢も40代という事で雇ってもらえるチームがあるのか気になる所もあると言うが同じ巨人に在籍をしていた中井選手も自由契約となった。

彼は一時期は一軍でスタメン出場はしていたがここ数年はファームで試合など出場をしていたが自由契約となって今後については日本シリーズが終わってからの合同トライアウトに挑む事になっているが他のチームの選手も挑戦をする事になっているので注目はしているかも知れない。

今年のドラフト指名した人たちのあいさつも始まっている中でこうした辛い通告を受けてしまう選手もいる中でどう選択をしているのか今後が気になる所もあるのです。