心配をよそに1日2本のホームランを打ちました

メジャーリーグ・エンジェルスで活躍する大谷翔平選手は先日、メジャーリーグ1年目で松井秀喜さんが残した日本人選手歴代2位に並ぶ16号ホームランを放ち話題となりました。ところが、今朝になって大谷選手に関する心配なニュースが飛び込んできました。それは、以前痛めた右肘の新たな靭帯損傷が発覚したことで手術も視野に入れなければならない状態だということでした。二刀流には相当の負担がかかっていたのかなとか今シーズンは離脱してしまうのでは?と心配していました。
ところが、お昼ごろに終わった野球の結果を見ると大谷選手は打者として出場し17号、18号のホームランを放ったというのです。日本人選手歴代1位の城島健司選手の18号に並んだというのです。いったいどうなっているのか右肘は本当に痛めているのか?と不思議で仕方ありません。無理をしないで欲しいものですが、ここまで来たらあと1つでもホームランを放って歴代1位に躍り出てもらいたいものです。ミュゼ 価格