配慮の無さが人を殺すかも知れないという考え方

 私、非喫煙者なだけじゃなく、タバコ大嫌いなんですけど……最近気づいたのは、タバコそのものより、喫煙者の性格が嫌いなんだなーと。
 そう、性格なので、許せる喫煙者と赦せない喫煙者がいるんですよね。

 先ず、歩きタバコをする人。
 言語道断、ぶっちぎりに赦せないタイプです。
 というかきちんとマナーを守っている喫煙者でも嫌うタイプですよね。
 だって、こいつらのお陰で、マナーを守っている人たちまで嫌われたりして、肩身が狭くなるんですもん。
 痴漢と同じですよ。
 痴漢をする人なんてほんの一握りなのに、男性の殆どが痴漢かも?って目で見られる……ひどい話です。

 あと、車の窓を開けて吸っている人。
 これも外に煙を出しちゃうんで、正直、締め切って吸ってほしいです。

 次に、室内でも、断らずに勝手に吸い始める人。
 すごく微妙なところですが、どちらかといえば嫌いですね。

 あとは、理不尽なのは百も承知ですが、コンビニとかの前の喫煙スペースで吸う人ですね。
 あれはね……コンビニが悪いんですけど、本当、やめてほしいです。
 動いているか止まっているかの違いだけで、歩きタバコと変わらないですから。

 で、こういうタイプに共通して言えるのが「相手への配慮が欠けている」という事ですね。
 単に嫌な思いをさせないというのが殆どですが、もっと言えば、これ、実際にあったことなんですが、喘息の友達と歩いていて、その歩きタバコのせいで発作を起こして、私が走ってその人のタバコを取り上げたという。
 こんな事が2回ありました。
 吸引器を吸ってるのを見ても、ちょっと気まずそうに「私に」謝っただけで、そそくさと逃げていくし。
 私への謝罪なんてどうでも良いんですよ、彼女に謝りなさい、っていう。
 多分、私が遭遇したのが2回だけなので、彼女1人や他の人と居た事もカウントしたら2桁で足りるかな?と思います。
 こんなの本当、下手すりゃ病院送りですし、命を落とすかもしれません。
 昔から言われている、火で子供の顔に火傷・失明……というのもありますが、煙でもこういう事が起こるんですよ。
 何かあったら責任を取れるんでしょうか?
 発作を起こさせただけでも充分傷害罪になると思うんです。

 たかがタバコで、と思うなら、そのたかがタバコで傷害罪・殺人罪に問われる危険性もあるんだと自覚して、マナーを守って楽しく吸いましょうよ。